お店, たわごと, スタッフ, テック

ダイビングの魅力のその奥に

ダイビングは飽きない。

いまで28年くらいやってるのかな

今また面白くってたまんないw

たまにマンネリ気味の時もあるけれど そこ超えたらまた現れる 新しい魅力。

そしてまた次 また次と魅力が現れていると ぐるっと回ってまた やってたスタイルが面白く なったりもする。

 

スタッフひろちゃんに  一眼レフのハウジングが届いた。

これもまたコンデジ撮影ダイビングとは違う 奥深い魅力がある。

今までの そのちょっと奥の魅力を紹介できた時の喜びも これまたダイビングの魅力だ。

 

なみよいくじらのお店のイメージは

一見 普通のダイビングショップと変わらない

ノンダイバーにダイビングの魅力を伝えるダイビングスクール。

その身につけたスキルを高めながら楽しみながら いろんな経験をして行くお店。

 

でもそのお店の ちょっと奥の方に目をやると 今まで見えなかった扉がある。

 

なにあれ?って近づくと ちょっと扉が開いて なんだか楽しそうな領域がある。

ニンマリ笑ったせきちゅうがいて爆

見てみる?とか言って また違う魅力に取り憑かれちゃうw

プロコースの扉もあるし プロだけの部屋もある。そこはいろんな地下通路でいろんなお店や業界にも繋がっている。

めっちゃ奥には ヘリウム混合で深ーいダイビングする部屋や  窒素の洗い出し方部屋や 減圧症からの復帰ダイビング部屋  はたまた沈没船内部に入る部屋とか洞窟とか高いスキルがいる部屋もあるし

誰も教えてくれない器材のメンテナンス教える部屋とか 酸素洗浄部屋とかw

スタッフたちがやってる マクロ見つけるぞ部屋とか生き物生態部屋もなかなか充実してきた。

海外のダイビングサイトにつながってる部屋や

もちろんカメラの扉も ある。

デジタル一眼の扉の部屋もちょこっとできてきた。

まだ扉の奥の整理がついてない部屋もあるけど その扉の奥には いろんなサポーターとの繋がりもある。その部屋の整理整頓準備も これまた面白い。

 

一見すると 普通のダイブショップ。

 

でもじっくり目を凝らすと いろんな扉が見えてくる。

その扉の奥には さらに面白い部屋があちこちにある。

そんなお店でありたいと日々イメージしているw

 

あちこち潜ったダイバーが 匂いを嗅ぎつけて

奥の扉の問い合わせがある。

奥の扉と手前の扉行ったり来たりもあるし

奥の扉の世界でだけで楽しむ方法もあるw

今日は 身近なひろちゃんが 新たな扉を自ら開けた

どこの部屋の住人になるのかなw

入り口近くも頼みますw

 

私?は だいたい奥に方で ニンマリ笑って楽しんでいてますw

今の旬は レックだな(^^) 新たな文化違いのスキル習得も挑戦中で楽しいw

 

 

お店, たわごと, スタッフ, ツアー

タイヤチェーン装着スペシャルティコース

なみよいくじらは 松原市なので 大阪南部。

稀に雪は降ってもほとんど積もることは なく  ここらは  冬タイヤにしてる車はほとんど見ない。

だけど やっぱり準備はしとかなきゃということで タイヤチェーンの装着講習をした。

今日は せきちゅうからひろちゃんへ。

明日以降 覚えたものから 順次 まだのスタッフに教えていくスタイルで

タイヤチェーン装着スペシャルティインストラクターになってもらおうという作戦w

 

ちなみに装着はできても ツアーの帰りしなだけで 基本雪積もる時は うちは ツアー中止です^_^

 

たわごと, テック, ブログ

バックプレート&バックフロートBC

今日は OMSのバックプレート&ハーネスが入荷。

どんなサイズでも 一瞬でフィットさせられるスライド式ハーネス。

なるほど よくできてるね。

ダブルシリンダーだと重くてずれてしまいそうだけど シングルシリンダーだと 着るときも脱ぐ時も するするっと伸ばしてラクチンなようにしてある。

エイペックスのこの形式だとソフトなハーネス(ウルトラライトハーネス)であるけれど

バックプレートで ここまでスルスルするのに OMSも いいかもですね。

するする取ることもできて着脱楽だし サイズは自在だし ウエット ドライの季節も めんどくさくなくていいかもです(^^)

 

 

 

 

 

お店, たわごと, スタッフ

またBC一着つくってみた。

アルミのバックプレート

トラベル用の小さいウイング(ブラダー)

ハーネス

を組み合わせてバックフロートBCをまた1着 つくってみた。

ダイブライトのトラベルウイング&青ベルトでハーネスつくってみたw

カッコいいんだよねー

ベルトちょっと長いけどw(大きい人にも合わせられるように長めにした。せきちゅうも着れる。

ナイフつけたり ポケットつけたり。

 

今使ってるBCが大のお気に入りのひろちゃんに

まー 食べず嫌いせず 一回使ってみてと お願いしてみたら シブシブ?承諾w

 

さて どうなることでしょう(^^)

 

お店, たわごと, スタッフ, テック, ブログ

変わってきた器材

足立のバックフロートBC化プロジェクトは

本人がかなり慣れてきて

ぶっちゃけどうよ?と聞くと

「トリムが取りやすいですー。」

との返事。

じゃあ ウエイトも無くていいように ステンレスプレート試そかーってなことで 今日入荷したから組み上げた。

カッコええやん♪

バックプレート&シングルタンクアダプターだけで2.7kgあるので

ドライ時(ネオプレーン)でも あと1-2kg足すだけでイケるはず。

随分身軽になるんじゃないかな。

 

それらやりとりを横で聞いてた木戸ちゃんが

「バックフロート 私も使いたいー」

 

じゃあってことで  足立のお下がりのウルトラライトハーネスと せきちゅうでは浮力が足らなかった18ポンドウイング(ブラダー)で  木戸ちゃんサイズに合うように 組み上げた。

これはこれで

総重量で3kgしかないので 非常に軽いBCとなる。

ええんじゃないかw

 

残るひろちゃんは バックフロートに難色を示し 今のBCがお気に入りだそうで。

それはそれで良いのですー^_^

そのうちダブルタンク 担いでもらう計画は水面下で進めているが(^^)

 

バックフロートのBCは

基本はサイズフリーなので   ハーネスの調整次第で  サイズは合わせられるのも 良いんですね(^^)

せきちゅうが使ってたウルトラライトハーネスが 足立→木戸ちゃんと 使い続けられるんですねー

(もちろん調整は大事ですが)

さ あと もう一個 今度は アルミのバックプレートで 組み上げるとしますかー(^^)

 

 

 

たわごと, ブログ

変わっていく予測その2

うーん やっぱり快適。

シェルタイプのドライスーツ。

 

むかーしはシェルタイプを使ってた時期もあったのですが 長年 ネオプレンタイプだけでした。

ま あったかいんだけど。

ここ最近は インナーも軽くてあったかいのが出てることもあって シェルタイプを買って見たんだけど やっぱり軽くて動きやすい。

ウエイトも 4kgで スッと潜れるので お気楽やし。

ネオプレンだと 10kgくらいつけるんですが(まだまだ脂質多いからねー^^;)

 

ということで やっぱりこれから シェルタイプが増えていく予測 してます。

保温性は 全くないので  インナーが大事。

インナーがきちんとしてたら シェル やっぱりいいね。

ま 問題というか インナーが 分厚くなるので 季節によっては 潜るまでが 暑い!こともあるのは ちょっと難点だけど。

潜り込んできた方には  シェルやっぱいいかも 。

 

あとは  BC!

 

バックフロートタイプ やっぱりいいねー

水中バランスが とてもよい。

しかも 今は すごく軽いのも出てて  今使ってるXdeepのゴーストは2.3kg!

超軽い。デザインもよい!色 柄ものも取扱い開始しましたし!(まもなく入荷)

 

バックマウントシングルシリンダースタイルで バックフロートのBC使いをあらためて気に入ったんで

スタッフ足立にも 進めまして 使ってもらってます。

選んだのは 他メーカーのも試そうと apeksのバックフロートタイプ。(通常では日本未入荷のブラダーにしました) 水はけのいいハーネスで 擦れにも強くテカっとしててかっこよい。

ハーネスは超軽いも(ウルトラライトハーネス)よくて サイズフリー。すぐにどんなサイズにも調整できるってのもいいんだけど  ステンレスハーネスでも試そうと現在 取り寄せ中。 ウエイトいらずになる予定。

でもそうなると BC故障で浮力が取れなくなった時には ウエイトをリリースして浮力確保する必要もあるのができないので  難点といえば難点で、ときにはよろしくないけれども。ま、ドライスーツがあれば浮力体の予備としてもつかえるっちゃー使える(テック界にもいろいろ議論あるけれど)

ウエットだとアルミシリンダーで1kgのウエイトくらいで潜るスタイルがいいでしょうね。

それにあとは ウエイト取り付け位置によっては

水面で顔を出せない場合もあるので そのあたりのコンフィグもきちんとしなきゃ危険性も出て よろしくないんだけど  きちんと取れた時のバランスの良さは 泳いでて気持ち良いことこの上ない。 軽いキックですーっといく♪

バックマウントシングルで バックフロートBCにして  泳ぐ気持ち良さを再認識しました。

しかもスーッと進むからすごく楽♪

モディファイドフラッターキックなど 楽ちんなキックで快適さはさらにアップ。

バックキックも トリム取りやすいから しやすい。

 

ということで  BCは これから バックフロートタイプが増えて行くと 予測してます。

だって気持ちいいから♪^_^

でも きちんと使うコンフィグしないと 逆効果なこともあるかなと。

 

海外でも  潜り込んでる人のバックフロート率の高いこと高いこと!ここ10年くらいなんかな。海外は随分変化してきてるんだなとおもいました。

日本はこれから 変わっていくように思います。潜りこんできた人から変わってきて

そしてきちんとしたコンフィグで安全性も快適性もアップする。

そんな気がします。

あとはオクトパス。これもプロの方から順に テック系ノウハウからの流用が増えてもうちょい長いホースをつける人が増えてくるように思います。

(あくまでも 自分目線中心のせきちゅう目線ですので はずれても 笑ってやってくださいw)

 

 

 

たわごと, テック

変わっていく予測

10月の韓国 11月のフィリピン研修のち宮古島ツアーと続き 夜はほぼ毎日 アルコールを口にした。仲間&酒のワイワイ欲望には 当然勝てないからw

家ではほとんど飲むこともなく 最近はダイエットに励んでいたので ほぼ無しもしくはダイエット食なんだけど。

 

と言うことでお決まりのリバウンド道に突入してきた!

こりゃいかんってことで今朝の通勤は 徒歩リング。たった30分だけど あぜ道もあって楽しい。

 

さて本題。

もちろん自分中心目線でしか無いんだけど

昨夜の飲み会でも話(また飲んどんかーい)したんだけど

日本のダイビングシーンでよく見られる器材は きっと変わっていくやろなー

って話。

この20年 いやもっとかな

レギがあって オクトがあって ゲージがあって ショルダータイプかスタビタイプのBCが好まれているいわゆる一般的なリクリエーショナルダイビングのスタイルが主流な日本。

これはこれでもちろん何も問題無いだけど

海外は ちょっと変わってきてたのもあって

せきちゅうは思うのである。

泳いでるともっと気持ちいいBC。

さらにガスシェアしやすいオクト

小物の収納。。。

きっと変わっていくなと。

 

今日は 長くなったのでおわり

続きはそのうちw

 

 

そういえば 粉瘤切除時の恐怖の美容外科の話もそのうち書きますw ま どーでもいい話ですけどね(^^)

たわごと, テック

40m耐圧のハウジングを

毎日といってもいいくらい使ってるオリンパスTG-4の水中プロテクター(ハウジング)PT056は 40m耐圧だけと

こないだ70mダイブに持ってった。

ら 使えました(^_^)v

ま  若干たわんでたけどw

やっぱりタフっつーだけあるってことかな。

ま たまたま水没もしなかっただけで

本来は 100mまでOKのノーティカム製で確実安心で良いかなと(^^)

http://www.fisheye-jp.com/products/compact/na_tg5.html