たわごと, ブログ

変わっていく予測その2

うーん やっぱり快適。

シェルタイプのドライスーツ。

 

むかーしはシェルタイプを使ってた時期もあったのですが 長年 ネオプレンタイプだけでした。

ま あったかいんだけど。

ここ最近は インナーも軽くてあったかいのが出てることもあって シェルタイプを買って見たんだけど やっぱり軽くて動きやすい。

ウエイトも 4kgで スッと潜れるので お気楽やし。

ネオプレンだと 10kgくらいつけるんですが(まだまだ脂質多いからねー^^;)

 

ということで やっぱりこれから シェルタイプが増えていく予測 してます。

保温性は 全くないので  インナーが大事。

インナーがきちんとしてたら シェル やっぱりいいね。

ま 問題というか インナーが 分厚くなるので 季節によっては 潜るまでが 暑い!こともあるのは ちょっと難点だけど。

潜り込んできた方には  シェルやっぱいいかも 。

 

あとは  BC!

 

バックフロートタイプ やっぱりいいねー

水中バランスが とてもよい。

しかも 今は すごく軽いのも出てて  今使ってるXdeepのゴーストは2.3kg!

超軽い。デザインもよい!色 柄ものも取扱い開始しましたし!(まもなく入荷)

 

バックマウントシングルシリンダースタイルで バックフロートのBC使いをあらためて気に入ったんで

スタッフ足立にも 進めまして 使ってもらってます。

選んだのは 他メーカーのも試そうと apeksのバックフロートタイプ。(通常では日本未入荷のブラダーにしました) 水はけのいいハーネスで 擦れにも強くテカっとしててかっこよい。

ハーネスは超軽いも(ウルトラライトハーネス)よくて サイズフリー。すぐにどんなサイズにも調整できるってのもいいんだけど  ステンレスハーネスでも試そうと現在 取り寄せ中。 ウエイトいらずになる予定。

でもそうなると BC故障で浮力が取れなくなった時には ウエイトをリリースして浮力確保する必要もあるのができないので  難点といえば難点で、ときにはよろしくないけれども。ま、ドライスーツがあれば浮力体の予備としてもつかえるっちゃー使える(テック界にもいろいろ議論あるけれど)

ウエットだとアルミシリンダーで1kgのウエイトくらいで潜るスタイルがいいでしょうね。

それにあとは ウエイト取り付け位置によっては

水面で顔を出せない場合もあるので そのあたりのコンフィグもきちんとしなきゃ危険性も出て よろしくないんだけど  きちんと取れた時のバランスの良さは 泳いでて気持ち良いことこの上ない。 軽いキックですーっといく♪

バックマウントシングルで バックフロートBCにして  泳ぐ気持ち良さを再認識しました。

しかもスーッと進むからすごく楽♪

モディファイドフラッターキックなど 楽ちんなキックで快適さはさらにアップ。

バックキックも トリム取りやすいから しやすい。

 

ということで  BCは これから バックフロートタイプが増えて行くと 予測してます。

だって気持ちいいから♪^_^

でも きちんと使うコンフィグしないと 逆効果なこともあるかなと。

 

海外でも  潜り込んでる人のバックフロート率の高いこと高いこと!ここ10年くらいなんかな。海外は随分変化してきてるんだなとおもいました。

日本はこれから 変わっていくように思います。潜りこんできた人から変わってきて

そしてきちんとしたコンフィグで安全性も快適性もアップする。

そんな気がします。

あとはオクトパス。これもプロの方から順に テック系ノウハウからの流用が増えてもうちょい長いホースをつける人が増えてくるように思います。

(あくまでも 自分目線中心のせきちゅう目線ですので はずれても 笑ってやってくださいw)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です